ペルシレーナとはイタリア語で「人魚姫」の意味。
人魚姫は魔法で美しい声とひきかえに人間の足をもらいます。
その足は生まれたてなので歩くたびにとても痛かったそうです。
 
靴を履くと足が痛む現代の人魚姫のために、紳士靴仕立ての歩きやすい、キチンとした印象の靴はいかがでしょうか。
 
 
 
 
 
 

 

PER SIRENAのこだわり

マッケイ製法
ヒドゥンチャネル仕上げ
(プレステージライン)

高級靴に使われる製法の一つで革底の縁に切り込みを入れて持ち上げてマッケイミシンの糸目を革の中に入れ込んで隠してしまう製法。
主に高級紳士靴に用いられる製法で、革底の持つ美しさを引き立てることはもちろん、ミシンの糸を守ってくれるので靴の耐久性が良くなります。 

 
 

ペイス仕上げ(木釘仕上げ)

 手製靴では本来ウェルト(細革)や踵を固定するために木釘を用いていました。
これはタンニン鞣しの本底にやさしく、水分を吸った木は膨張するのでよりしっかり固定されるという利点があります。
残念ながら量産靴では用いられることはありませんが、手製靴の温もりを大事にしたいという考えのもと意匠としてのペイス仕上げを提案しています。3cmヒール木型。